FAGA原因

スポンサードリンク


FAGA(女性男性型脱毛症)は治ります

FAGA(女性男性型脱毛症)の原因はどんなことなのか?FAGAの原因として考えられているのが

 

  • 女性ホルモンの乱れ・ホルモンバランス
  • 男性ホルモンの働き
  • 加齢・老化

が影響を与えているとされています。

 

FAGAの場合にはAGAの症状、前頭部、頭頂部が薄毛になるのではなく、全体の髪の毛の密度が低くなるので髪の毛の分け目や全体的に薄くなっているのが目立つようになります。薄毛になっている部分の境界がはっきりしないことが特徴です。FAGAであり、びまん性脱毛症でもあると言えます。

 

やはり頭皮環境の悪化、ヘアサイクルの乱れが大きく関係しています。ヘアサイクルが乱れることにより休止期に入っている毛が多くなり、髪の毛の成長が止まってしまい、抜ける髪の毛が多くなっている状態です。成長期の髪の毛の割合が少なくなってしまっているのです。

 

女性の場合、20歳以上の約40%はびまん性脱毛症の症状に悩まされるとされています。男性の場合は約20%なのでそれと比べると約2倍。それほど多くの女性が薄毛の症状で悩みを抱えているわけです。

 

中年以降の女性に多い症状ですが、最近は20代、30代でも同様の症状が発症するケースが増えています。ストレス、運動不足、疲労、食生活、髪型、ヘアダイ等様々な影響により年齢に関係なくFAGA、びまん性脱毛症の症状を発症してしまうのです。

 

現在FAGAの治療には内服薬パントガールや育毛剤ミノキシジルが使用されています。身体の内側からのケアが重要になるためサプリメントが併用される場合もあります。

 

以前はミノキシジルだけの治療、それでもダメなら経口避妊薬が用いられたりもしていました。現在は女性の薄毛内服薬パントガールがあります。

 

パントガールだけでハッキリとした効果が現れる人もいれば、最初からミノキシジルだけだったり、段階的にミノキシジルやサプリメントも併用したりと、個々の改善具合によって治療法も多少違ってきます。